2005828農業の未来(*^^)v

ぶちは、ある事情により
大地主?になり、
農業をすることになりました。
カメラをもつ回数も減ると思いますが
お百姓写真家?としてがんばるつもりですので
よろしくお願いします(^^ゞ

今日は、邪魔になる低木の伐採をしました。
夏休みも残り少ない、暑い1日でした。


nou2005828.jpg


PS、次にぶちがお百姓さんになる日は未定です!


ある所から

『タネまきは「秋の彼岸まで・・・」といいます。それまでに、よい土作りを・・・♪』
そして、大根を植えてくださいと、助言もらったのですが、

来春までは、何も栽培できないのでは、
もとい、何も植えないつもりです。

当分、ジャングルとの戦いの日々だと思います(^^ゞ
久しぶりに手に豆が出来て剥けてしまいました。
心地よい痛みが・・・・・・。

秋近し!

昨日、わざわざ、九州新幹線で、
『第5回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会』を見に行きましたが、
花火のUP中止することにしました。

理由特にないのですが、しいて言えばくやしいから(^^ゞ

花火を見たい方はこちらへ、悔しいな~!
桜島側「なぎさ遊歩道」からだそうです。





ぶちのUPは始まる前と終了後の画像のみ(ーー;)


少し感想!
ごの画面いっぱいに火の粉が降るように打ち上げられるのかと思っていたのですが、
打ち上げ場所少し遠いみたいで、迫力が今一歩の感じでした。

IMG_7596k.jpg



花火大会会場から出るとき、
塀にカメラ押し付けて撮った一枚!
何人の人がこちら見ているのだろうか?

IMG_7791k.jpg

国東半島(姫島盆踊りのおまけ)

2005年、姫島盆踊り見学の前日に、
国東半島を少し探訪してみた写真です。

気が向いたらぽつぽつとあげます。


なつかしい風景、ある神社にて、

IMG_6892.jpg

姫島盆踊り唄 


ひょんな話から
行く事になってしまった、
potoru氏と行こう、姫島盆踊り見学ツアー記も
これでおしまいです。

撮影については
反省点もいろいろありましたが、
それは、置いといて!

いや~、楽しかったです。

少し、残念な事は、見たかった数種類の
踊りを見れなかったこと!

当初、姫島の盆踊りは
『キツネとタヌキが出て来て、こんにちわ』
ぐらいにしか考えていなかったので
こんなに楽しいとは、うれしい誤算でした。

70種類の踊り(連)があるらしいので
ゆっくり何年もかけて
見学に行きたいな~何て!

ところで、もう、来年の
姫島盆踊り見学ツアーを企画しているみなさま
くれぐれも体調万全でお望みください。

今回、二人とも、ふらふらに近い感じでした、
とくに、potoru氏は(^^ゞ

ぶちも、最後の一枚はpotoru氏も撮影していた姫島特産の団扇で
締めましょう!

帰りのフェリーで特殊撮影した物です(^^ゞ


いや~、たのしい盆踊り~でした。

みなさん、ぜひお出かけください。

ぶちは、2007年かな~(^^ゞ

山鹿のおねさんに会いにいかなきゃな~!

これでグッスリ眠れる!

花火か~どうしようかな~!
もう少しのんびりしようかな!



IMG_7593.jpg
















姫島盆踊り唄 2の⑱

十八、

きじゃもの私竹じゃもの


人は縄じゃと言いたがる


部門賞などいろいろあげたいのですが、
面倒なので、優秀賞だけ(^^♪


その、最優秀賞は
potoru氏も撮影されていた、

ぶちも『お気に入りの1枚』になった。
こちらのおかあさんとお子さんとおばあちゃんへ

この場面の解説はpotoru評論蚊?宅へどうぞ
姫島の夏の7話あたりに、
写真もpotoru氏の方が良いです。(おばあちゃんのお顔がいいな~!)




すてきなシーン撮らせていただいてありがとうございました。

hime0q0006.jpg

姫島盆踊り唄 2の⑰

十七、

葉のようなせまい気をもつな

広はしょうの葉の気をもたれ


ばんばん行きますよ~!


こちら、びじんさんのコンコンきつねさんかも

hime0f0001.jpg



こちらは、男の子かな!
hime0f0003.jpg





hime0f0002.jpg




hime0o0001.jpg



hime0o0000.jpg



おとうさん、タヌキもたいへんです(^^♪

hime0o0002.jpg



へ~い、将来たのしみ~、良い役者に・・・!

hime0o0004.jpg



こちら、メイクもすばらしいですが、
演出もぴか一で

足元に注目、ねねねねね!
hime0q0001.jpg



ね!わかりましたか、歩きにくいだろうな~(^^♪
hime0q0002.jpg




hime0f0004.jpg





いい飲みっぷりで、

hime0o0006.jpg




良いメイクの崩れぐあいで(^^♪

hime0o0005.jpg





hime0q0000.jpg



こちら18禁です。
お兄さんのオシリではなく
たらいに注目ください。

かわいいお手がみえるでしょ~!


hime0q0003.jpg



あ、キツネのしっぽ
hime0f0005.jpg





きつねに負けるなポンポコリン!
hime0o0007.jpg



でも、かなりお疲れの様子だな~(^^♪
明日もあるよ~!
hime0o0008.jpg



こちら、もう~、飢餓状態(^^ゞ
hime0o0009.jpg




それにヒキカエこちらは、まだまだ、やるきまんまん!

hime0q0004.jpg



その飴あのタヌキさんに一個上げてくださいませんか(^^♪
IMG_7551.jpg




また、きつねのしっぽが・・・。

このしっぽについて
面白い会話がありましたね~!
関西の撮影ツアーのおっちゃん、マナーは守りましょ!(他人の批判する前に)
ぶちも自戒しなくては、写真を撮る者の最低限のマナーを(^^♪
hime0f0006.jpg




なんか、良い感じ(^^♪
hime0q0007.jpg

姫島盆踊り唄 2の⑯

十六、

目もとは六七月の

稲の葉のようによりよりと


いよいよ『ぶちの姫島盆踊り唄独唱会』も
残り3フレーズを残すのみとなりました。

今度は、出ます、出します、出しましょう!
デモネ!
ぶちのお気に入りの踊り連も3組あるのです。


残り3フレーズだから、
ぐちゃぐちゃに行きますか(^^ゞ

さて、第一回、姫島盆踊り大賞に輝くのは、
どちらの踊り手さんたちでしょうか?


残りのUP予定ファイル約32個
30個以下になりました、重複のものあり



行きとし生ける全ての物へ注ぐ光と影
花は枯れ大地は罅割る そこに雨は降るのだろう
(今日買ったCDより)



最終選考に残った3組(^^♪
やはり、エントリー組みが強いようで!

hime0f0000.jpg




hime0o0003.jpg




hime0q0005.jpg

姫島盆踊り唄 2の⑮


は、まだです。



十五、

妻じゃと定めたからは

如何な美女でも目にゃかけぬ



綺麗どころ最終章の巻き

妖艶な(^^ゞ

hime0n0005.jpg



綺麗どころ、

みなさん綺麗でしたので

何組出演されたのか、ようわからんでした。

地元2回出演かな~!

ま~いいでしょ(^^ゞ





hime0p0000.jpg





hime0p0001.jpg


さて、綺麗ドコロ最後です。

おつかれさまでした(^^ゞ
ゆっくりやすんでね!

ぱちぱち!

hime0p0002.jpg

姫島盆踊り唄 2の⑭

十四、

姫島広いようでせまい

私にゃにあいの妻がない


最後の追い込みの前に
姫島の綺麗どころ紹介しておきます(^^ゞ

hime0n0000.jpg




う~ん

hime0n0001.jpg



ず~む!

もう、おしろいなんてどうでもいいわなんて(^^ゞ

hime0n0002.jpg


こちらは、まだ大丈夫みたいです。

hime0n0003.jpg


でも、お腹が空いたみたいで  

hime0n0004.jpg

姫島盆踊り唄 2の⑬

十三、

名がつきやどの島も可愛い

わけて姫島なお可愛い


すんません!

もう少し、ぶちの姫島お昼のさんぽ編で埋めます

姫島のばいすく~るです。
この自転車撮っていたら、
おじちゃんが海からニョキッとあらわれて
ひょいと乗り去って行きました。

『びっくりした~』





himehirune0003.jpg


去っていく、おじさん(^^ゞ

himehirune0004.jpg


お散歩していて、少し疑問に思ったこと?

続きを読む

姫島盆踊り唄 2の⑫

十二、

島々どの島見ても

霧のかからん島はない


いよいよ?

あまい(^^ゞ



どの島々見てもと姫島盆踊り唄にもあるので
姫島を少し紹介!


himehirune0001.jpg


姫島の干しタコさんも再登場(^^ゞ

でも、姫島の干しタコさん、どうしてこんなに高い所を飛んでいるのでしょうか?
下ろすのもたいへんだと思うけど、

ぶちの姫島七不思議のひとつです(^^♪


himehirune0005.jpg



ウチワの話(ぶちの大きな勘違い!)

続きを読む

姫島盆踊り唄 2の⑪

十一、

なれなれ浜に出てなられ

沖の島々見てなられ


この牛さん、まだまだ現役です。

hime0k0001.jpg


あの、宮崎の御田祭
どろ田に入るのを嫌がった、
牛さんも見習ってもらいたい風景です(^^ゞ

hime0k0002.jpg



続きを読む

姫島盆踊り唄 2の⑩

十、

在所のむくいの花も

荒強けりゃ浜に出る


さ~て。

今度は、び~、び~
鳴く、虫の紹介です。

hime0k0000.jpg



この虫さん、牛さんが好きな様子。

hime0k0004.jpg

姫島盆踊り唄 2の⑨

九、

中でもたいこうつさまは

音が聞こえる在所まで


謎!
パイポパイポだけが印象に残っているのですが、
どんな出し物だったか記憶にないです。

hime0m0000.jpg



 ここはどこ


hime0m0001.jpg



 わたしは、だあれ~状態


hime0m0002.jpg





  でも!

続きを読む

姫島盆踊り唄 2の⑧

八、

下りたか百二十七隻

様もござろかあの中に


サザン・シーン(7:12)演奏中、コメントなし、金が鳴った(^^ゞ

お詫び、どこかでずれてみたいで、
ブルーベック・カルテットatカーネギーホール終わっちゃいました。
CD変えよう!


本題!
いよいよと思うでしょ!
そうは問屋が卸さない?(^^ゞ

この盆坪?あのフェリー乗り場のような大きなところでは
ないので、踊り連途切れることがあります。

その間、地元のみなさん、長老たちの唄に
あわせてスイングしています(^^ゞ

すぐにでも踊れそうな踊りなので
来年はぜひ、参加者は、スイングしてください。



hime0i0004.jpg


ドラム練習して行ったら
まだ、楽しいかも

続きを読む

姫島盆踊り唄 2の⑦

七、

吹かせてはよ上らせて

又の下りを待つばかり


次は、
ペニーズ・フロム・ヘブン?
クラリネット?とドラムが遊んでいます。(コメント適当です。)
良い感じのスイングだ~!

キツネとタヌキお待ちでしょうが、
ごめんなさい、
まだ、本格派の踊りです。


お、今度は、ピアノとドラムが・・・・


hime0l0000.jpg


少し、残念なこと

続きを読む

姫島盆踊り唄 2の⑥

六、

情けのないと言うのはうそじゃ

上り船なら西がよい



フォー・オール・ウィ・ノウかな

クラリネット?が唄っています、『情けのないと言うのはうそじゃ
上り船なら西がよい』と、いや、雰囲気ちがうか~!


hime0j0000.jpg


本格派続きます。
しばらく、我慢してください(^^ゞ
でも、上手いのですよ~!

続きを読む

姫島盆踊り唄 2の⑤

五、

乗るとも高帆はまくな

風に情けはないものじゃ


セントルイス・ブルース
を聞きながら、演奏時間11分52秒
さて、この間に『姫島盆踊り唄 2の⑤』済むかな~!

セントルイス・ブルース合うのはやはり
本格派の踊りだろうということで、こちらを紹介!

hime0h0000.jpg



たたた、たたた・・・ピアノが踊っています(^^ゞ

セントルイス・ブルースについてはpotoru氏に問い合わせてください。

続きを読む

姫島盆踊り唄 2の④

四、

見せませ乗りたか乗しよな

見えよと乗せようと船じゃもの



 三、
新船と娘のよいは
人が見たがる乗りたがる



3番から連想すると
この4番の歌詞も気になりますね~!


hime0g0007.jpg



本題?(^^ゞ
まだ、皿踊りです、
撮影枚数が多かったです。
やはりあのびじょさんが気になっていたのでしょうか!

続きを読む

姫島盆踊り唄 2の③

三、

新船と娘のよいは

人が見たがる乗りたがる


こちらは、びだんしのおじさん踊りうまかった。

ごめんなさい。うそです。

おじさんは見ていませんでした(^^ゞ


hime0g0009.jpg



でも皿踊りみんなうまかったな~!
hime0g0006.jpg

続きを読む

姫島盆踊り唄 2の②

二、

船なら急いでござれ

灘は四十九里波の上



次は何をUPしようかとかなりかなり悩んだのですが、
キツネとタヌキさんは、後回しにして、
正統派の踊りと
正統派のびじょさんを紹介します(^^ゞ


potoru氏とぶちが推薦する姫島びじょさんです。
UPのお顔が見たい方はpotoru氏邸へ

hime0g0005.jpg


ぶちのもみますか、ちらり

続きを読む

姫島盆踊り唄 2の①

一、

暗いのに白帆が見える

あれは紀州のみかん船



姫島盆踊り唄も2番へ

さて、あの長老のお出ましです。
ただいま、今夜の出番に備えて、
腹筋を鍛えていらっしゃいます(^^ゞ



IMG_2034.jpg

姫島盆踊り唄 ⑭

十四、

かしなれろかいをそえて

私はろもおしゃかいもねる



目玉焼き踊りの後は、
やはり、
potoruさんちで有名になった

曽我物語あらため残酷物語を、
後ろのおにいさんが つらそうなお顔 で・・・

hime0i0000.jpg

続きを読む

姫島盆踊り唄 ⑬

十三、

うどんげに定めのないは

船にろかいのないごとく


いよいよ
キツネさんの出番なのですが、
お腹すいたので
目玉焼きおどりから
やっつけようと思います。


hime0r0000.jpg


じゅじゅうではなくて

続きを読む

姫島盆踊り唄 ⑫

十二、

今おおて又いつあおか

九月九日のよどの晩



次は、少し、毛色の違う踊り連!

オカメとキツネとヒョットコ。
あのきつね踊りとは違うみたいです。

hime0e0000.jpg



でもこちらもぶち的には面白い出し物でした。
打出の小槌が効いていましたね~!


hime0e0001.jpg


この小槌たたいてもお金は出てきませんが
みんなの笑いが出てきます(^^♪

続きを読む

姫島盆踊り唄 ⑪

十一、

今おおて又いつあおか

おおはうどんげ定めない



日もとっぷり暮れて、
姫島盆踊りの唄が闇に溶け込んでいきます。

hime0a0021.jpg


次は他の地区から回って来た連
この地区のあのびじょさんたちに似ていますが
こちらは、手に持っているものが太鼓です。



hime0d0000.jpg

続きを読む

姫島盆踊り唄 ⑩

十、

おかせは口にもあおが、

私とお前は今ばかり


二番手は、やはりこの地区の代表
あの姫島びじょさんたちです。

hime0c0000.jpg




あの、ミニ撮影会のモデルさん!

着物姿いっそうはえますね~!

hime0c0001.jpg


まだ、まだ、びじょさん見たいですか?

どうぞどうぞ!

続きを読む

姫島盆踊り唄 ⑨

九、

来る来るござると言えど

切れたおかせで口ばかり


踊り連?がはいって来ました。
1番は、この地区からの代表の一つ

鯛つり?踊り
(あのメイクの最中に、鯛つり踊るのと聞こえたのでそうじゃないかと?)
hime0b0000.jpg



数で行きますから
ごめんなさい、よ~!

続きを読む

姫島盆踊り唄 ⑧

八、

一人連れ衆はないか

連れ衆は後からかごで来る



さて、盆踊りの始まりです。
その前に

ちょっとそこまで カメラをもって
の管理人、やはり只者ではなかった!

ぶちは、数で行くしかないと・・・・!


姫島の盆踊りは
太鼓の音と供に



歌えとせめられて

  歌いかねたよこの座敷


で始まる盆踊り唄が延々と祭りの終わりまで続きます。

このおじいちゃんもおばあちゃんも
純朴で哀愁のある歌い方でした。
なるほど、この姫島の盆踊りは、念仏踊りが起源とか、
そんな雰囲気の漂う歌です。



IMG_7200.jpg

姫島盆踊り唄 (一休み①)

姫島盆踊り唄はちょっと一休みです。

少し、面白そうな場面を・・・・・


お外が気になる~!



hime0a0020.jpg



続きを読む

姫島盆踊り唄 ⑦

七、

唐かさ柄もりがしても

お前一人はぬらしゃせぬ





盆踊り会場(盆坪)とメイク会場の位置関係を、

日が高いので、

まだ、まだ、盆踊りは、はじまりませんから(^^ゞ



hime0a0013.jpg


はい、これつけてね!




hime0a0009.jpg




このおねえさんは?

続きを読む

姫島盆踊り唄 ⑥

六、

さそなら妹もさそが

同じ蛇の目の唐かさを



メイク中の横で、
カメラの先生?らしき人とお弟子さんが
姫島びじょさんをモデルに
ミニ撮影会をなさっていたので
ぶちも横から割り込んで、撮影させて頂きました。
わざわざ、網戸閉めての撮影、こんな撮影方法もあるのだな~と
一つお勉強しました。

こちらの姫島びじょさん後半に出演ありますので
お楽しみに!
hime0a0006.jpg


このメイクの撮影時間は、
PM3時半ぐらいでしょうか?
踊りの始まるのは7時、まだまだ時間があります。
多分、踊り子さんたちは、お昼過ぎにはメイクの準備にかかるのでしょうね~!


べそ?もかきたくなりますよね~!

hime0a0007.jpg



続きを読む

姫島盆踊り唄 ⑤

五、

もろたら妹をくれた

妹みめがようで姉まさり



さて、いよいよ登場です。


出番前の姫島びじょさん!
こんな場面に出会えたのは、
ひとえに、ふらふらしながら姫島を探検してくれた
potoru 氏のおかげです。
ぶち一人じゃ、こんなシーンには出会えなかったと思います。

hime0a0000.jpg



hime0a0002.jpg


もう言葉はいらないですね、
しばし、
姫島のびじょさんたちの楽屋うらを覗かせてもらいましょうね!

続きを読む

姫島盆踊り唄 ④

四、

殺しはこの町に二人

どれが姉やら妹やら



盆踊り会場は島に7つあるとの事
フェリー乗り場近くに3箇所あります。
それ以外に2箇所はわかりましたが、
残りの2箇所は、未確認!


盆踊り会場は盆坪と呼ばれるらしい。
フェリー乗り場近くのもう一つの盆坪

メイン会場は『ふらふら探検隊』が上陸した時すでに
場所取りをしてありました。
でもこちらは、まだの様子でした。

hime0002.jpg



こちらの盆坪近くで見つけた
干しタコ、姫島のタコは天草のタコより
上空を飛びます。
見えますか?

干しタコが、、、、、
えびさんの上あたり

hime0003.jpg


姫島撮影マル秘情報(^^ゞ

続きを読む

姫島盆踊り唄 ③

三、

亀のじようは色は黒けれど

目もとよければ様殺す



ポトル氏が何枚UPされるかわかりませんが、
姫島のびじょさん求めてわざわざ、
片道400Kmの旅をして来たぶちとしては、
枚数だけは、負けられないと
ぶちのへんな心の虫が動き出しています(^^ゞ

芸術作品は、ポトル氏の作品をごらんくださいませ!
でも、姫島のびじょさんをた~くさん見たい方はぜひ
ゆっくり、ご観覧くださいませ!


ぶちの
アップ予定の画像数えたら
なんと、
120枚
本人も初体験の超大作になりそうです。
でも、最後の1枚まで残さずUPできるかチトあやしいです!



おっと、盆踊り会場を紹介

こちら、島に7つある盆踊り会場の
メイン会場(中央)です。

hime0008.jpg



姫島のフェリー乗り場の建てやより
メイン?会場望む!


hime0005.jpg


姫島いい風が吹いていました。

続きを読む

姫島盆踊り唄 ②

二、

座敷は祝いの座敷

  鶴と亀とが舞い遊ぶ



この時点で
『ぶちとポトルのふらふら姫島探検隊』は姫島に上陸しています。

二人の撮影目的はかなり違うみたいで、
ポトル隊員は、純粋に、姫島の風景や七不思議などに興味をもっての
上陸でしたが、日頃のお仕事で疲れていらっしゃったのか
上陸早々、体力温存のため、一眠りなさいました。

ぶちは、姫島の風景なんてぜんぜん興味なく、
『姫島のびじょさん』一直線(^^ゞ


ポトル隊員が、休憩中の間に、
姫島の神社探検していたら
こんな光景に出会いました。

幸先がいいですね~!

ところで、この昆虫さんの名前なんでしたけ?

hime0004.jpg



姫島盆踊り唄 ①

一、

歌えとせめられて

  歌いかねたよこの座敷



やはり一枚目はこれでしょうね!
後で、働くおとうさんの手が出てくるかも(^^ゞ
himeuta1.jpg




撮影協力、ピカソちゃんのパパ(^^ゞ

続きを読む

どこに行こうか夏休み

だいじなおしらせ(^^ゞ


花火の写真は撮れそうもないので
ぶちは、夏休みに、はいります。



しばし、南の島へ

どこがいいかな~!
いつか見てみたい竹富島の『種子取祭』の見学にいこう~!
(もちろん、夢の中で・・・・・・・。)



夏ですから、画面崩れています。
ま~、あちら?と違いぶちは適当にいきます~!

タニドゥリィ
http://www.churashima.net/shima/taketomi/taneduri/index.html

お、びじょさんも多いみたいだ。

えれこっちゃみやざき④

えれこっちゃのはじめの画像よく見たら、

これじゃ、笑顔のすてきな夏のお嬢さんに失礼だから(^^ゞ

heiheinatu0004.jpg





こちらの写真でゆるしてください

heiheinatu0003.jpg




もういちまい!
heiheinatu0002.jpg



さらに、
heiheinatu0001.jpg




これも(^^♪

heiheinatu0000.jpg


ワカイというのは、やはりすばらしいことなんですね~!
ぶちも戻りたい!

あ、
下の祭りのおばちゃんも、もちろんワカイですょ(^^♪